MATメソッドについて

MATセミナー

母国語で話せることを、英語でも話せるようになる授業を

IIEECでは、多くの先生方に、MATメソッドを使ってこのような効果的な授業をしていただけるよう、ワークショップ や 2−Day セミナー を行っています。いままでに、何千人もの諸外国の先生方や日本中の先生方が参加し、これらの先生方から驚くような結果があったとの報告がありました。私たちのワークショップやセミナーへの、多くの先生方のご参加を、お待ちしております!

MAT METHODとは?

日本の子どもたちのために考案された英語教授法
右脳と左脳を同時に使う画期的な教育方法です。

Model 先生がモデルを示して
Action 生徒は動作をしながら
Talk 英語で発話する

4つのゴール ~会話の鍵はここにある~

マットメソッドには4つのゴールがあります。
「ASK」(質問をする)「ANSWER」(答える)そしてそこからさらに「TELL」(自分の意見を言ったり、見たり聞いたりしたことを伝えるなど)に導いていきます。
相手の言うことが理解でき、そして自分からもナチュラルスピード(ネイティブスピーカーと同じ早さ)で話せる、、、それが4つ目のゴール「TALK」(英語を話す)なのです。

80% ~生徒中心であることの大切さ~

授業中、先生だけが多く話しすぎている光景をよく見かけます。日本の子どもたちは、限られた時間しか英語に触れることができません。
マットメソッドは、授業時間の80%を生徒が発話するように導く方法です。先生と生徒の間だけでなく、生徒どうしで会話を楽しんでできるようになります。

6秒ドリル ~子どもの集中力を生かす~

子どもたちの興味維持時間は本当に短いものです。マットメソッドでは、子どもたちの集中力を限られた時間内で最大限に伸ばすことができるような工夫がたくさんあります。

「6秒ドリル」とは6秒単位で切り替わる効果的な練習方法です。