IIEECについて

仲田利津子 History  - 2000年 まだまだこれから!-

さまざまな子供向け教材

孫たちの誕生に合わせるように、さまざまな子供向け教材の監修を依頼されました。

まずは、ベネッセコポレーションの子どもたちに人気のキャラクターしまじろうの英語版「こどもちゃれんじEnglish」の監修です。最初は歌と単語だけで構成されていましたが、受講者のニーズに応えるように次第に文章やアルファベット、そしてフォニックスも取り入れるようになりました。このDVDやCD、玩具などたくさんの付録の入った英語教材を通して、2才から5才の小さいお子さんは英語の土台を楽しく育んでいます。

こどもちゃれんじEnglish:http://www.shimajiro.co.jp/english/about.html

このころKDDIから「セサミストリート」のキャラクターを使って子供のための英語学習コンテンツを書かないかというお誘いをいただき、「セサミBB」の監修を手がけました。KDDIのブロードバンドサービスに加入している家庭では、子どもたちがエルモと一緒に英語を学び、フィードバックも受けられたのです。当初は1年のみの予定でしたが、結果的に二年間延長されることになりました。

またその後まもなくして、ピザハットの付録である英語学習CD-ROMの監修をしました。このCD-ROMは、ピザをオーダーするとピザと一緒に配達されるのです!子供たちがピザハットのキャラクター、チーズくんとその家族と英語を学ぶ、という内容のものでした。

インターネットのコンテンツ作りやCD-ROM向けの教材づくりは、楽しい経験でした。

また、モノに付加価値をつける手段として、小さい子供向けの英語教材が求められる時代が始まったのを感じられました。

More Let’s Go

”Let's Go”は、第二版の執筆に入りました。また、新たなテキストとして、さらに小さい幼児向けの”Let’s Go Starter”を出版することになりました。”Starter”は小さい子どもが興味をもつコンテンツや文章、短い会話など基礎的な表現とともに、アルファベットやフォニックス、単語を学ぶことができるので、”Let's Go”シリーズへの導入には大変よいテキストです。また、CDに入っているたくさんの歌やジングルを通して、生徒達はゲーム感覚で楽しく音や単語を学びます。ワークブックは、アルファベットの書き方を丁寧に教えたり、楽しいアクティビティーなどがあります。

第二版の執筆に尽力しきって間もなく、先生方からもっと多くの話題と内容を盛り込んで欲しいとの要望が寄せられたために、共著者のカレン・フレイザー氏、バーバラ・ホスキンス・サカモト氏と私は、編集者から第三版について考え始めるよう要請されました。今回もかなりのチャレンジになりましたが、懸命な努力のもと、先生方の要望を盛り込んだ第三版は出版されました。こちらの版では、語彙を増やし、復習や応用をたくさん盛り込み、おもしろい内容の読み物で楽しんで読む練習ができるようになりました。第三版にともない、“Let’s Begin”という、園児または小学1年生向けの“Let’s Go Starter”の次の新しいレベルのテキストが完成しました。これは私のお気に入りのテキストの一つです。本当に楽しく、たくさんの歌のみならず、CDではゲーム感覚で文法などが学べますので、生徒は大変喜んで積極的に聞いています。

日本やアジアでのセミナーやワークショップを通して、何千人もの先生方に私たちは出会いました。そして現在は世界中の国々から問い合わせを受けています。私は、将来的にはMAT METHODが英語の教授法としてだけではなく、他の分野でも活用されることを願っています。多くの学校の先生方が、他の科目でMATを使い、効果が表れているのを確認しています。多くの先生方がMATに出会い、すべての科目にMATが生かされる日が来ることを願っています。

教材作り以外のこと

全国の先生方や英語学校からアドバイスや指導を受けたいと言うリクエストをよくいただきます。西武文理小学校の英語指導には、英語コンサルタントとして携わっております。この私立の小学校は、2004年に創設されました。創設当初からMATを利用した英語指導のトレーニングに携わることができ、生徒たちは互いに会話したり、質問したり答えあったりできるようになっています。読み書きにも力を入れています。またこの学校では、他に音楽や美術や体育のチーム・ティーチングクラスにおいても英語が使用されているのです。一クラス当たりの生徒数が多い場合でも目覚ましい成果を上げています。

また、他にも在日本のインターナショナルスクールや関西の有名な私立学校もMATを使用し素晴らしい結果を出しています。

MATメソッドを国内外のたくさんの先生方に大変良い評価をしていただき、教室でかなり成果をあげていると報告をいただいています。2-dayセミナーでみなさんに、MATの「秘密」をお教えし、東京・大阪・名古屋と福岡でいろいろなワークショップを行い、教え方の細やかな指導をさせて頂きたいと思っています。

そのほか、私はJ-SHINEの理事をしています。これは、日本人の先生が公立小学校で英語を教えられるよう、先生養成に力をいれているNPOです。

そして私の次の仕事はなんでしょう?

英語版の『こうして教える子供の英語』の出版と、“もしかしてLet’s Go”シリーズ第四版でしょうか!?

全国のたくさんの熱心な先生にお会いできてとても幸せです。有意義な仕事をさせてくださって、本当にありがたい気持ちばかりです。みんなで力を合わせて日本の英語教育の水準をグンと上げましょう!