講師紹介

仲田 利津子 プロフィール

仲田利津子 (ナカタリツコ)

アメリカ生まれ。UCLA(カリフォニア大学ロサンセルス校)で東洋言語学を学ぶ。同校卒業後、コロンビア大学ティーチャーズ・カレッジ大学院にて、外国語としての英語教授法(TEFL)を専攻。来日以来、主に児童英語教育にたずさわる。現在は、日本国内はもとよりアジア各国でも公私立学校教師、民間英語教師などへのトレーニング並びに講演活動を広く行っている。

IIEEC英語教師トレーニングセンター代表
児童英語教授法 MAT(Model,Action,Talk)メソッド考案者
西武文理大学特命教授
西武学園文理小学校英語指導顧問
BenesseこどもちゃれんじEnglish 英語監修者
特定非営利活動法人(NPO)小学校英語指導者認定協議会理事認定委員
2000年度文部科学大臣私的懇談会「英語指導方法等改善の推進に関する懇談会」委員として、日本の英語教育の指南役を務めた経験も。

著書「Let's Go」シリーズ(オックスフォード大学出版局)は、児童英語教材として、日本のみならずアジア各国でロングベストセラー、国内外で学校教科書として採用されている。「こうして教える子どもの英語」(アプリコット)など著作多数。

【その他】
2003年 KDDIインターネットブロードバンド対応の子供向け英語学習コンテンツ「セサミBB」の監修 2004年 ピザハット 子供向け付録 英語学習CD-ROMの監修

【経歴】
1980-2003 AETC(The Association of English Teachers of Children)子ども英語教師の会代表。 ボランティアとして日本の児童英語教育の発展のため、児童英語教師の有志とともに活動する。 1987-現在 IIEEC英語教師トレーニングセンター代表

【主な著書】
・『こうして教える子どもの英語』(アプリコット1993) 中国語、韓国語に翻訳される
・『LET'S GO』シリーズ 7レベル児童英語コースブック(オックスフォド大学出版局 1992~) ・『LET'S GO Picture Dictionary』(オックスフォド大学出版局1999)
・『LET'S GO Bilingual Picture Dictionary』(オックスフォド大学出版局1999) LET'S GO シリーズの ティーチャーズ・マニュアルは、日本語、中国語、韓国語、スペイン語、タイ語に翻訳されている ・ Kiddy Cat 英語教室コース  コースブック 6年間 (アルク1993-1999)

【その他の著書】
・『イングリッシュ・シャトル』 (English Shuttle) 3 レベル   高学年向けコースブック (アストロ出版 1991)
・『ABCランド』  幼児向けコースブック 初級 (語研 1988)
・『ABCプレールーム』  幼児向けコースブック 中級 (語研 1988)
・『こどもたちのすばらしい英語の世界たんけん』  (Addison Wesley Picture Dictionary Pack CD付 1984)
・ Core English Friends 6年コースブック (コア・インターナショナル 1983)
・HAPPY TALK 6年コースブック (アスク1980)

IIEEC 東京事務局

酒井 美紀(さかい みき) 酒井美紀(さかい みき)
IIEEC 英語教師トレーナー

大学を卒業後、商社にて海外貿易の業務に携わる。京都の大学に復学・卒業後、英語指導の機会を得て、2003年にMAT セミナーに参加、仲田先生と出会う。その後、認定教師養成講座(The IIEEC 60-hour Certificate Program)において認定教師、認定校を取得。 2005年にトレーナーに、2008年より、IIEEC Teacher Training Centerのヘッドトレーナーとなる。
2006年にIIEEC-OUP Teacher Training Certificate Program, OUP KIDS CLUB TOURに参加、以降、ETJ、Neliesなど各種ワークショップ、IIEEC Workshops (Song & Chant, Preschool Workshop, Let’s Go Workshopsなど) 、 IIEEC-OUP認定講座などでトレーナーとして活躍。2009年から西武学園文理小学校にて先生の指導に携わる。
MATメソッドを使って指導することにより、生徒同士が生きた英語を使って会話し、喜ぶ姿を目の当たりにし、以来、子どもが楽しみながら学べるよう、効果的なレッスンを心がけています。トレーナーとして、様々な先生方とお会いできることを楽しみにしています。

  斎藤 直子(さいとう なおこ) 斎藤 直子(さいとう なおこ)
IIEEC 英語教師トレーナー

3歳から6歳、11歳から14歳をアメリカで過ごし、現地の学校に通う。学習院大学仏文科卒。仏銀、日本語学校勤務。認定教師養成講座(The IIEEC 60-hour Certificate Program)において認定教師、認定校を取得。2008年よりIIEEC トレーナー。英検1級、TOIEC960点

2000年に英語教師を始めた当時は、日本語教師の経験こそあれ全く五里霧中でした。2001年に書店でLet’s Go のテキストを手にとり、MATメソッドに出合ったことが、私と生徒たちを大きく変えました。今後も、外国語を学ぶことは、決して苦痛を伴うものではない、ということを子どもたちにわかってもらえるような英語指導をしたいと思います。ぜひIIEECのワークショップなどで、多くの先生方にMATメソッドを知っていただき、より楽しい、より効果的なレッスンをめざしていただけるよう、お手伝いしていきます。

喜多 直子(きた なおこ) 喜多 直子(きた なおこ)
IIEEC 英語教師トレーナー

カリフォルニア州Aptos High School卒業後、上智大学比較文化学科で社会学を 学ぶ。埼玉県朝霞市で1997年より英語教室を主宰。 1998年にスタディグループミーティングで初めてMAT METHODを知り感動し、その後MATで教えています。認定教師養成講座(The IIEEC 60-hour Certificate Program)において認定教師、認定校を取得。2008年にトレーナになる。

MAT METHODで教えると、レッスン時間の80%を生徒が英語で発話することが出来るのがすばらしいと思います!
子ども達は一人ひとり 違う性格であり、違う能力、興味を持っています。どの子も意欲を出して能力を発揮してくれるレッスンが出来るよう、スキルを磨きたいと思います。トレーナーとしてMAT METHODを広め、多くの先生方のお手伝いが出来るのを楽しみにしています。

栗原光子 (くりはら みつこ)
IIEEC 英語教師トレーナー 認定コースインストラクター

埼玉県日高市生まれ。飯能のHoly Hope Lutheran High Schoolで学んだ後、交換留学生としてロサンゼルスのLutheran High Schoolに行き、1年間学ぶ。
アメリカから帰国後、Nissait English Schoolで英語を教える。その後移り住んだ長野県松本では、Core Junior Club で70人ほどの生徒を3年間教える。 その後、日高に戻り、Let's Go Hidaka English Clubを開設。2つの幼稚園でも教える。 2000年にIIEEC英語教師トレーナーになる。2004年から2008年に西武学園文理小学校にて指導。

チームのメンバーとして、先生方がMAT METHOD を学び、そしてそれを使用できるようにお手伝いができることを、また日本における英語教育の発展の手助けができることを嬉しく思います。

冨田恭子 (とみだ きょうこ)
IIEEC 英語教師トレーナー

静岡県三ヶ日町生まれ。名古屋の大学を卒業後、浜松のCore Junior Clubで5年間子どもに英語を教え、そこで仲田先生に出会う。その後、郷里の町でAIEC English School を開く。1994年に渡米。Riverside カリフォルニア大学でTESOLを学び、TESOL卒業証書を得て帰国。2000年、IIEEC英語教師トレーナー、文科省浜松市小学校英語活動トレーナーとなる。英検一級。

以来、AIEC English Schoolにて様々な年齢の生徒に、MAT メソッドを使って、楽しく、効果的な英語のレッスンを行っています。米国では英語の教え方をたくさん学び研究しましたが、MAT メソッドは、私が知る中で最も優れた教授方法だと思います。私の二人の子どもと同じくらい英語を教えることが好きです。たくさんの先生方と共にすばらしい英語教授法である MATメソッド を使って子どもたちに教えていると思うと、とても気持ちがわくわくします。

IIEEC 名古屋事務局

ハリソン篭橋 紫(はりそん・かごはし・ゆかり)
English School INTERAS (インテラス)主宰
IIEEC 英語教師トレーナー

ニュージーランド国立Massey Universityで言語学を専攻。卒業後日本に帰国し、英会話学校で成人クラスを教える。 その後、子どもに英語を教えるという夢を諦めきれずに退職、独立し、2001年に地元名古屋で英会話教室INTERAS(インテラス)を開校。
2002年にMATセミナーに出席し、仲田利津子先生に初めてお会いする。 MAT METHODにとても感銘を受け、認定教師養成講座の受講を決意、週1回東京に通う。 講座修了後、認定教師養成講座(The IIEEC 60-hour Certificate Program)において認定教師、認定校を取得したのち、さらに仲田先生から訓練を受け、2005年にトレーナーになり、ワークショップやIIEEC-OUP 児童英語教師認定講座を講師として担当。 現在は名古屋スタディーグループミーティング(SG)を担当する。

MAT METHODで教え始めてから、目に見えて子どもたち同士で会話をするようになり、学ぶことの楽しさを感じてくれるようになりました。 より多くの先生方に MAT METHODを学んでいただき、この感動を感じていただきたいと思っています。 ワークショップやSGで多くの先生方にお会いできるのを楽しみにしております。

IIEEC 大阪事務局

2006年より、大阪事務局として、4人のヘルパーで力を合わせて頑張っています。
年4回ペースでStudy group Meetingを開催しております。毎回、違ったトピックを取り上げてMAT METHODを使った教え方を紹介しています。また、アクティビティの紹介やアイデアシェア、Story Tellingのコーナーなど、盛りだくさんの内容です。HalloweenやChristmasなど季節にあったトピックを取り上げることもあります。

一人でも多くの先生にお会いできるのを楽しみにしております。ぜひ、大阪Study Group meetingにご参加ください。

大阪スタッフのブログ:http://ameblo.jp/iieec-osaka/

松本紀子

親の仕事の関係で4~6歳をカリフォルニアで、9歳の1年間をカナダのオタワで過ごす。大学卒業後、岡山県の公立高等学校に英語科教諭として勤務。出産を機に退職、その後英語を教えることが天職であるという気持ちを抑えきれず、自宅(神戸市)で子どもたちに英語を教え始める。2003年から大阪のstudy Group Meeting に通い始め、 2004年からはヘルパーとして、 2006年からはPKなどを担当して大阪のStudy Group Meetingの運営にも参加。
知人に仲田先生著「こうして教える子どもの英語」を紹介されたのがきっかけで、MAT METHODに出会い、惚れ込みました。大阪のStudy Group Meetingで学びあえることを本当にうれしく思っています。

吉田裕美

大阪在住。外大を卒業後、旺文社LL教室に児童英語講師として勤務。結婚・出産を機に自教室KIDS’ English Clubを設立・運営し、今日に至る。
11年前に友人の紹介でOsaka Study Group Meetingに参加しました。「MATとの出会い」は私にとってまるで「未知との遭遇」でした!その未知の世界に魅了され、知れば知るほど奥が深く、未だ学ぶことが多いです。
OSGを支える仲間や参加される先生方との「出会いを大切」に一緒に学びながら、微力ではありますがヘルパーとしてお役に立てれば嬉しいです!

桝田悦子

奈良県在住。短大卒業後、BIC英会話スクール(大阪府和泉市)に児童英語講師として勤務。結婚後は大学編入し、教員免許を取得。三児の母となった後、本格復帰し、現在は数箇所の教室に勤務し、乳幼児から高校生まで幅広く英語を教えています。
1993年に仲田先生主宰の子ども英語教師の会(AETC)でMAT METHODに出会い、これほど効果的で画期的な教え方はない、と確信をしています。2006年に大阪事務局のスタッフになりました。講師としてアドバイザーとして、小学校や英会話教室、そしてStudy Group Meetingでいろんな先生方に出会えるのが楽しみです♪

上田和美

京外大卒業後、インターンシッププログラムにてアメリカ・オレゴン州で1年間、幼稚園から8年生に日本語と日本文化を教える。 子供たちの吸収力に魅せられて、帰国後、大阪のコア外語学院Core Junior Clubで児童英語教師として勤務。そこで「MATメソッド」に出会う。 結婚・出産そして2001年に自立を機にE-KIDS ENGLISH CLUB(大阪市)を設立・運営。 MATメソッドの効果的な教え方は先生も生徒もイキイキさせます。奥の深いMATメソッド。 I became a staff member in 2006 of the Osaka Study Group, みなさんと一緒に学んでいきたいと思っています。

IIEEC 福岡事務局

坂元 誠 (さかもとまこと)
JOY KIDS ENGLISH CLUB主宰
IIEEC 英語教師トレーナー・IIEEC福岡事務局担当
小学校英語活動非常勤講師
宮崎県 都城市在住

1985年から児童英語に携わる。12年ほどCore Junior Clubに勤務し、その間に仲田利津子先生と出会う。1998年に独立し個人の英会話教室を始める。 2002年、小学校英語に参加。このころから改めてIIEEC主催のセミナー、ワークショップに積極的に参加するようになる。2004年からIIEEC福岡事務局として、福岡でのStudy GroupやWorkshopを担当。2006年から本格的に「総合的な学習」を使い、年に10時間~15時間小学校英語の活動に携わることになり現在に至る。

仲田利津子先生との出会いは民間の教室にいる頃からですから随分と長いおつきあいになります。MAT METHODの効果は素晴らしい物があります。楽しいだけのゲームなどで下手に時間を費やしていた頃に比べれば、このMAT METHODはいかに効率よく効果的な指導法かがわかります。
MAT METHODの効果は子供たちを生き生きとさせ、楽しいながらもしっかりと学習(定着)できることを実証しています。 小学校の先生方にもこの指導法を身につけて頂きたいと考えています。

メッセージ

英語を話せるといいことたくさんありますよね。みんな難しく考えがちですが、そう気負わず使ってみると案外簡単だったりするものです。そして友達ができたり、よその国に興味がわいたり、新しい世界がひろがり面白みが増してきます。そんな「英語って楽しい!」を伝えたくて始めた教室です。
今年で10年目になります。当時、英会話教室に生徒として通っていた私、英語力も低く、指導法も全く知らなかったのによく続けてこれたと思います。これも温かい心で大切な子供たちを預けてくださった保護者の方々と、MATメソッドのおかげです。

私の教室では、体験から学べるよう心がけています。ハロウィンやクリスマスなどイベントを通して英語を使う場所を提供したり、レッスンの中には短い時間のフリーカンバセーション、自分たちでストーリーを作ってのロールプレイングなど自由な会話ができるよう工夫しています。子供たちには、自分たちで考えられる自由が楽しいようで、あっと驚く物語を作ります。彼らの想像力はピカいちです!このときにExpression cards やQA cardsがとても役立ちます。最初はカードをヒントにしながら最終的にはカード無しで会話が操れるようになっています。

*MATのドリルは素晴らしい
MATメソッドは単語の導入からQAができるまで系統立てられたドリルが素晴らしいと思います。単調になりがちな単語やセンテンスの練習をアクションを使い短時間で効果的にそれも楽しく習得できます。子供たちを英語の渦に引き込んでしまいます。うちの子供たちも「Say it 3 times and ~.」が大好きです。昨年まで2年間小学校で英語活動をお手伝いしましたが、その時もMATドリルが大活躍!大人数をまとめて楽しく活動することができました。

*SGは私の原点
10年前に書店で出会って以来、仲田利津子先生著「こうして教える子供の英語」は私のバイブルです。本の中には「英語を話せる子供」に育てる理論から実践方法まで私が思い描く夢の教室がばっちり書いてあります。SGで指導法を学びながら、教室運営を運営してきました。どこにも所属しない私にとってIIEECの存在はとても心強かったです。
今でもSGへの参加は毎回楽しみです。新しいアイデアの習得と自分のレッスンのブレを修正することができます。それに個人で教室を運営していると1人で問題を抱え落ち込んでしまいますが、SGで同業の先生方にお会いして、教室での問題や生徒や保護者への対応の仕方、教室の運営などいろいろ意見交換ができ、新たにエネルギーをもらって帰ります。

*夢は国際人の育成
おたがいのちがいを理解してあげられる子、「人の話を聞け、自分の考えを言える」シンプルですが、こんな気質を持った子がひいては国や文化の壁を乗り越え国際人になっていくと思います。ふだん生活するうえでも大切なことですよね。こんな子達を育める温かい教室でありたいと思います。

IIEEC福岡のブログ:http://plaza.rakuten.co.jp/iieec

ハーマン 佳恵子(はーまん かえこ)ハーマン佳恵子 (はーまん かえこ)

獨協大学外国語学部英語学科卒。長崎県佐世保市在住。
佐世保・ハーマン英会話教室及び伊万里・ピカブーこども英会話にて、幼児から大人までを指導の他、ALTとして小学校での国際理解指導を行う。佐世保美容専門学校非常勤講師。

☆MATメソッドに出逢って10年以上、 関わった生徒達はすでに世界へ翔き始めています。指導を始めた当初から仲田先生にご縁があって、本当にラッキーでした。
あなたも是非ご一緒に、Let's enjoy teaching English!